ページの先頭です。メニューを読み飛ばして本文を読む

メインメニュー終わり
TOP  >  まほうや日記  >  日記  >  京の伝統の技が創り出す”小さな生き物の世界”
まほうや日記
  • カテゴリ 日記 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

まほうや日記 - 京の伝統の技が創り出す”小さな生き物の世界”

京の伝統の技が創り出す”小さな生き物の世界”

カテゴリ : 
日記
執筆 : 
mahouya 2008-7-8 14:58
お店に新しい商品が加わりました。
伝統金属工芸「古式 蝋型鋳造法 」で創られた銅の小さなピンブローチです。

幅1.5cm、幅4cmの虫喰いまで表現した葉っぱの上で、「角出せ、槍出せ、頭出せ」



わずか幅1cm、長さ1.5cmの蛙が今にも跳ねそうですね。



直径2cmのひつじ草で遊ぶ蛙







蝋で形を創り、そのまま銅器として鋳造されます。複雑な形の物や精巧な模様の物を作るのに使われます。現在、この伝統技術の保持者は非常に少なくなりました。
ひとつ、2,000円から4.500円です。
是非、一度ご覧になってください。
 

トラックバック

トラックバックpingアドレス トラックバックpin送信先urlを取得する

ページの終端です。ページの先頭に戻る