ページの先頭です。メニューを読み飛ばして本文を読む

メインメニュー終わり
TOP  >  まほうや日記  >  日記  >  高台寺塔頭・月真院にて、「色絵陶芸展」
まほうや日記
  • カテゴリ 日記 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

まほうや日記 - 高台寺塔頭・月真院にて、「色絵陶芸展」

高台寺塔頭・月真院にて、「色絵陶芸展」

カテゴリ : 
日記
執筆 : 
mahouya 2008-10-2 13:40

月真院庫裏

北政所の従弟により建立された塔頭寺院ですが、
禁裏御陵衛士を拝命した伊東甲子太郎以下15名が
屯所を構えた場所として有名です。
院内には衛士が寝泊りしたとされる部屋も残っています。
通常は、非公開ですが、文化・芸術に造詣が深い住職の
協力により、時々、展覧会と趣あるお庭の拝見が叶います。

明日から、京都の陶芸の大きな特徴のひとつ
「色絵」の、その技を認められた作家達の陶芸展が
開催されます。
入江裕起 ・八木海峰・坂田瑠璃、「まほうや」で、
お世話になっている作家さん達も出品しておられ
ますので、ひと足お先に、内覧会に。

楽しい企画は、「源氏物語千年紀特別展」。
会員21名それぞれが分担し、54帖を抹茶碗に表現。
個性と技法と、物語の織り成す雅の世界です。



竹河と玉鬘

第50回記念 色絵陶芸展
平成20年10月3日(金)〜10月7日(火)
(午前10時〜午後5時)
秋晴れの一日、是非足を伸ばしてみてください。



方丈から見た八坂の塔。

トラックバック

トラックバックpingアドレス トラックバックpin送信先urlを取得する

ページの終端です。ページの先頭に戻る