ページの先頭です。メニューを読み飛ばして本文を読む

メインメニュー終わり
TOP  >  まほうや日記  >  日記  >  雪の高台寺
まほうや日記

まほうや日記 - 雪の高台寺

雪の高台寺

カテゴリ : 
日記
執筆 : 
mahouya 2017-1-15 14:30
天気予報通り今朝の京都は、久々に雪に包まれました。

積雪7cm、朝の高台寺は、雪化粧。






東山山麓の崖に建つ高台寺へは、東山四条の祇園の辺りからは滑らないよう、足に身が入りそうになりながら上ります。

「ねねの道」も、北から南へは、かなり勾配の大きな坂です。昨夜は、風の通り道となったのでしょうか、すこし凍っています。

そんな地形ですから、こんな日の高台寺の拝観は、大変です。

台所坂を上ろうと見上げてみますと、もう、坂の中央の階段は雪かきが終わり、滑る心配なく足を運べます。

高台寺のお庭のお手入れをなさっている北山造園の若い衆が汗をかきかき雪かきです。お庭のなかも、拝観順路は滑らないようお手入れ済み。

さらに高い崖っぷちのような場所に建つ「お霊屋」の周りは、すぐに凍てつくのでしょう結界がしてありました。

これが、10時頃です。

そして、12時前、「ねねの道」を南の端まで行きますと、全くと言ってよいほど雪がありません。

高台寺山門あたりを停車場とする人力車のえびす屋さんの若い衆が、「八坂庚申堂」から「高台寺南門通」・「ねねの道」・「下河原通」と雪かきを済ましてくれていました。

こんな日は、写真撮影の方、京都で宿泊なさった方だけ、観光の方は僅かです。

お客さんに足を運んでもらうため、そして、人力車に乗って下さった時安全に走るためと、言ってしまえばそうなのですが。

高台寺の北山造園、人力車のえびす屋の若い衆のみなさん!

お仕事とはいえ、雪景色にもまして、とても気持ちの良い風景でした。

トラックバック

トラックバックpingアドレス トラックバックpin送信先urlを取得する

ページの終端です。ページの先頭に戻る