ページの先頭です。メニューを読み飛ばして本文を読む

メインメニュー終わり
TOP  >  まほうや日記  >  日記  >  台所坂
まほうや日記
  • カテゴリ 日記 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

まほうや日記 - 台所坂

台所坂

カテゴリ : 
日記
執筆 : 
mahouya 2017-2-13 16:39
「ねねの道」は、石畳に舗装される以前の名は、
  「高台寺道」。江戸時代は、高台寺の境内の
        「馬留め道」であったという。
今、「まほうや」のあるこの地は、「ねね」さん
            が住んでおられた地。
秀吉の菩提を弔うために、この台所坂を行き来し
          ていたと、言われている。
距離にして61m、高低差6.24m。
今の季節は、冬木ですが、桜が終わる頃には青楓
のそして、秋には紅葉のトンネルを楽しみながら
              の上り下りです。

上り切ると、高台寺の方丈の屋根、
   天満宮と高台寺山が目の前に拡がります。
随分と高い所まで来た感があります。

  今はやりの、「地形高低差」「段差」から
              見てみましょう。
東山四条をも起点に考えてみます。
東山四条・祇園ですね、ここは標高40m、
       「ねねの道」は標高60m。
かなり勾配のきつい坂を上らなければなりま
    せん。そこからまた、台所坂です。
高台寺は、標高70〜80mの地に建ってい
                 ます。
この地は、徳川幕府により選りすぐられた
                場所。
永井路子さんの「王者の妻」にこの地が
     選ばれた経緯が描かれています。
土井利勝「高台院さまが寺を営むために、
もう、ちゃんと地所をみつけておきました。
東山--都をながめおろす
       一段の勝地でございます。」
ここから、息を切らして上りきった
甲斐のある風景に出会えます。
  〜つづく〜

トラックバック

トラックバックpingアドレス トラックバックpin送信先urlを取得する

ページの終端です。ページの先頭に戻る