ページの先頭です。メニューを読み飛ばして本文を読む

メインメニュー終わり
まほうや日記
  • カテゴリ 日記 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

まほうや日記 - 日記カテゴリのエントリ

9月9日は、重陽の節句 菊の節句

カテゴリ : 
日記
執筆 : 
mahouya 2008-8-31 15:10
1月7日、3月3日、5月5日、7月7日は五節句の風習が、アレンジされて身近な行事となっていますが、9月9日は、あまりなじみのない節句ですね。

中国では、この日菊の花を飾り邪気をはらい長寿を祈る風習であったのが、日本に伝わり、宮中で「観菊の宴」を開き長寿祝う風習となったようです。
中国では、菊の花には不老長寿の薬としての信仰があり、鑑賞用としてより先に薬用として栽培されていたそうです。

風習のひとつに、枕草子にも描かれている「被せ綿」。
重陽の節句の前夜にまだつぼみの菊の花に綿をかぶせて菊の香りと夜露をしみこませ肌を撫で長寿を願ったとそうです。
アレンジしてお風呂に、菊の花をばらばらにほぐしてお風呂に浮かべてみててはいかがでしょうか。。

最近では季節になると、八百屋さんで、食用菊が並びます。季節をいただいてお薬となるなんて素晴らしい。
そんなに、高い価格ではありません。
菜を一束買い足すくらいです。
私は、さっとゆがいて、酢の物にします。


菊をお酒に漬け込む本格的なお酒までゆかなくとも、日本酒の上に菊の花びらを浮かべて、香りを楽しみながらいただいてみるだけでも。
菊酒としゃれ込んで一献もまたおつなものです。

でも、どうして重陽の節句を、敬老の日としなかったのでしょうかね?
今は9月の第3月曜日ですが、国民の祝日「敬老の日」が、9月15日と定められたのは、1966年(昭和41年)。
つい最近のことなんですものね。
平安時代から続いている長寿を願う風習が、何故そのまま活かさなかったのか、不思議です。



先日出来上がってきたばかりの菊紋の帯留、この被せ綿の行事を表現したかのようですね。
写真では、見難いのですが、花に、小さな小さな金箔が輝いています。
きっと、朝露を表現したのでは?と、思うのですが。

「青交趾 菊花紋帯留」
http://www.mahouya.net/modules/items/index.php?page=contentmanager&content_id=546

四百回忌に参列しました。

カテゴリ : 
日記
執筆 : 
mahouya 2008-8-25 14:28
えっ?
四百回忌??? 
何方が亡くなられて、400年?
「ねね」様のお兄さん木下家定公 没後400年なんです。
法要と言えば、三回忌、七回忌。
せいぜい三十三回忌を、時たま耳にするくらいですものね。

...続きを読む

燃えよトラ!!

カテゴリ : 
日記
執筆 : 
mahouya 2008-8-13 14:46
七連敗中の阪神タイガースに向けたスポーツ新聞のキャッチコピーなのですが。      

...続きを読む

「まほうや」が、コミックに登場!

カテゴリ : 
日記
執筆 : 
mahouya 2008-8-12 14:52
「ねこぱんち」というコミック雑誌を、ご存知ですか? という私も一昨昨日、知ったばかりですが。

...続きを読む

お店に新しい商品が加わりました。
伝統金属工芸「古式 蝋型鋳造法 」で創られた銅の小さなピンブローチです。

...続きを読む

京・洛市「ねね」のギャラリー古径

カテゴリ : 
日記
執筆 : 
mahouya 2008-7-5 13:16
古径とは、苔むした風情ある通り庭の意だそうです。
京・洛市「ねね」には、散策のひと時を心ゆたかに過ごしていただくために、竹垣に展示スペースを嵌め込んだ「ギャラリー古径」があります。
今年の三月から各店がアピールするため、毎月、テーマをかえて展示を競うようになりました。

今月の「まほうや」は、清水焼の若手作家”高島愼一”氏。今年の春の個展で初お目見えの陶板の壁掛けです。
”三彩””交趾”を得意とするとばかり思っていたので驚きました。
伝統文化とともにある清水焼の世界で描かれる陶磁器の絵とは少し趣きが異なります。
気楽に楽しんで使ってもらえるのではと、今月の展示にお願いしました。

「やさしい」というのか、「ほっこり」するというのか。
白木の台ですので、洋室にも良く似合います。
価格も、とってもお手頃で、小が3,800円から。
三代目の高島洸春を襲名しましたが、名前に囚われず新しい時代を創っていって欲しいと思います。
お近くにおいでの際は、是非、ご覧になってください。

今朝、咲きました

カテゴリ : 
日記
執筆 : 
mahouya 2008-5-24 11:43
圓徳院の泰山木の花、最初の一輪が咲きました。
腕も悪いうえ高い所で咲いおり屋根にも上れず、見難い写真となってしまいました。
背丈がかなり高くならないと花の咲かない木ですので、がまんしてください。

...続きを読む

新緑の圓徳院の庭

カテゴリ : 
日記
執筆 : 
mahouya 2008-5-20 15:46
昨夜の雨で洗われた今朝の圓徳院の庭は、新緑につつまれ輝いていました。
霧島躑躅、平戸躑躅の艶やかな花の終わった庭には、「山法師」の際立つ白が、新緑に映えています。
白い部分は、花びらではないんですよね。
だから、りりしい白色なんでしょうか?


新緑の頃に咲く花には、白が多いですね。
そして、ひとつひとつの花は小さくて、房なりに咲くんですね。
鼠糯の木、要の木も、白い花ですね。

もう、ほとんど散ってしまいましたが、「とべら(扉の木)」も、芳香を漂わせ咲いています。
大晦日や節分の日、扉にこの枝を挿し厄除けとしたことからこの名前がついたのだそうです。



「はぜ」にも、びっしりと、蕾が。
でもはぜの花は、白というより黄緑色ですね。
そして実になり、昔は蝋燭の原材料に。
この葉も、楓より紅色を含んだ美しい紅葉に。


待ち遠しいのが、「泰山木」の柔らかな白色の大きな花です。
もう数日で開花宣言ですね。
屋根に上らないと撮影は不可能ですね。
咲いたとき、何とか撮影してお見せしたいものですね。

白色と言っても、色のニュアンスはいろいろです。
ビロードのような白も、レースのような白も。
柔らかい、シャープな。
新緑にかこまれてだからこその楽しみです。

桜 さくら

カテゴリ : 
日記
執筆 : 
mahouya 2008-4-6 14:31
鴨川沿い、東山、そして家々。
まるで淡いピンクのベールがかかったかのよう。
厳しい寒さだった今年は、桜の季節に嬉しさも一入。

高台寺の枝垂桜も今や盛りと、咲き誇っている。
100年の命を終えた先代の桜からバトンタッチして約10年。
今年は見事な花っぷりを、見せてくれている。
先代の桜は、「無理に治療して生き永らえることのないように」とのお寺の意向で、命を絶えた。
先代の華やかに咲き誇る大木と比較され、”貧弱””がっかり”と言われ続けた10年でしたが、素晴らしい賞賛を頂戴しました。

昨夕、「まほうや」の和ガラスの絵付をお願いしている清水焼作家

入江裕起

から、興奮の面持ちで「花のおもりで、よく枝が折れないこと!!」
「枝垂桜って、何処も支えがしてあるでしょ。高台寺のは、してないのよね。本当の枝垂れ!!」
なるほど、絵を描くことを生業とする作家の感性や目の付け所は、違いますね。
青年期の若々しい花姿なのでしょう。これからの数10年、素晴らしい花姿を年々成長し、見せてくれることでしょう。

高台寺ホームページ


の、ライブカメラをクリックし桜の”今”をご覧ください。

大相撲大阪場所 千秋楽に思う

カテゴリ : 
日記
執筆 : 
mahouya 2008-3-24 19:53
3月23日、大相撲大阪場所 千秋楽。
恒例の優勝力士インタビューが、各局10時以降のニュースで放送されます。
いつもいつもケチをつけるので、家人には笑われているのですが、大きな体とお腹に、小さな玉の短い羽織紐がちょこんと付いているので、バランスが悪くとても気になります。

...続きを読む


ページの終端です。ページの先頭に戻る