ページの先頭です。メニューを読み飛ばして本文を読む

メインメニュー終わり
TOP  >  商品一覧  >  古代エジプトで作られた持ち主の身を守る「魔法の眼」アイ・ビーズ  >  古代エジプトで作られた持ち主の身を守る「魔法の眼」アイ・ビーズ
商品一覧

古代エジプトで作られた持ち主の身を守る「魔法の眼」アイ・ビーズ

ストラップ「魔法の眼」

アイ/ビーズ

 眼をイメージする装飾を施したとんぼ玉は、イタリア語で「オッキオ」・瞳です。広くアイ・ビーズと呼ばれています。最初に創られたのは、今からおよそ三千数百年前、古代エジプト時代です。身の 安全を守るための母性的な穏やかな眼のビーズがつくられました。
 中世イスラム教の世界では、世の中にある悪を「邪悪の眼」として信じ恐れる風習がありました。対抗するためにさまざまな「魔法の眼」が創られたそうです。イスラムの古いアイ・ビーズを写真等で見ますと、邪悪の眼に対抗して睨み返す力が備わっています。
 『高台寺まほうや』のアイ・ビーズは、「穏やかな眼」「時には優しく時には力強く」身の安全を守ってくれますように、そしてアクセサリーとしても、おしゃれな玉をと創っていただきました。

商品一覧













ページの終端です。ページの先頭に戻る