ページの先頭です。メニューを読み飛ばして本文を読む

メインメニュー終わり
TOP  >  高台寺・圓徳院の見どころと行事  >  北政所の暮らしと信仰―名品が伝える四百年の歴史
北政所の暮らしと信仰―名品が伝える四百年の歴史

北政所の暮らしと信仰―名品が伝える四百年の歴史


  2012年12月23日(日)〜2013年5月6日(月・休)
 *ただし、やむを得ず展示替などで休館となる場合があります。
北政所が平和な日々を願い、晩年には亡き夫や父母の供養をした様子を伝える品々を紹介いたします。また北政所の信仰が、江戸時代において高台寺で受け継がれた歴史を案内いたします。 主な展示品
・芦辺蒔絵懸盤[あしべきりまきえかけばん](大中小)(重要文化財)
・千躰地蔵尊[せんたいじぞうそん]
・高台院像[こうだいいんぞう]

ページの終端です。ページの先頭に戻る