ページの先頭です。メニューを読み飛ばして本文を読む

メインメニュー終わり
TOP  >  高台寺・圓徳院の見どころと行事  >  ねね様が、晩年を過ごした圓徳院
ねね様が、晩年を過ごした圓徳院

ねね様が、晩年を過ごした圓徳院

圓徳院の入り口。ねね様の様の過ごされた時代に思いを馳せて・・・

圓徳院は、高台寺の塔頭のひとつ。北庭・南庭の四季折々の風情が見事で、ご住職とお話ができるなど親近感を覚えるお寺です。
正門から拝観の方々を迎える「方丈前庭」はしっとりと、ねね様のやさしさ・おだやかさを表し、女性的でほっとさせてくれるものがあります。
本堂内では、長谷川等伯、故赤松燎画伯の襖絵を公開しています。
「北庭」は、方丈前庭とは対照的に男性的で、石組みの迫力と新緑が見る者を圧倒します。
桃山時代のお庭で、名勝指定を受けています。いわば、庭園の重要文化財ですね。
大きな石の中には、当時の大名からの寄進もあり、そういった石には大名の名が刻まれています。
徳川家康が、ねね様のために桃山城から化粧御殿前に移築したもので、 建立当時の石組そのままの、枯山水の庭園です。
化粧御殿跡の書院より、ねね様のご覧になった目線で幽玄の世界へ誘います。
圓徳院ホームページへ

北書院から北庭をのぞむ。
季節のうつろいとともに表情が変わる様は美しく、祇園近くにありながら、ひととき街の喧噪を忘れさせてくれます。


ページの終端です。ページの先頭に戻る