ページの先頭です。メニューを読み飛ばして本文を読む

メインメニュー終わり
TOP  >  高台寺・圓徳院の見どころと行事  >  冬の夜の茶会 夜咄(よばなし) 
冬の夜の茶会 夜咄(よばなし) 

冬の夜の茶会 夜咄(よばなし) 

お茶の世界では、ぬるきを嫌う精神からでしょうか、厳寒のこの時期、「夜咄(よばなし)」といって、夜に楽しむお茶事があります。昔にならい、電気などつけず、灯火のみで行われるお茶会です。ほの暗さが、えもいえぬ風情を醸し出します。

ロウソクの灯りの中、千家十職漆匠 中村宗哲六代(江戸)作 高台寺蒔絵手桶水指、花筏炉縁等蒔絵を主体に道具立をします。お楽しみください。

  • 1月18日〜3月9日の金・土・日
  • 料金/5,800円(拝観料込み・点心・喫茶付)
  • 所要時間/約2時間30分

ページの終端です。ページの先頭に戻る