ページの先頭です。メニューを読み飛ばして本文を読む

メインメニュー終わり
TOP  >  裕起陶芸
裕起陶芸

裕起陶芸

ガラス盃は、手描きのお花を活かし手作りの味わいを出すために、スピン製法の盃を使っています。
800℃以上に熱した高温のガラス種を陶磁器のように轆轤で型つくる訳にはゆきませんので、字のごとく、ガラス種を、金型に落とし高速回転させ型と遠心力で成形します。


スピンで作った製品は自然でしかもやわらかな風合いが生まれ、同じ金型の製品でも、ひとつひとつ微妙な個性を作り上げています。
そして、フロスト加工で曇りガラスにした盃に、裕起陶芸で釉薬で季節のお花を手描き、焼成してもらっています。「高台寺まほうや」のオリジナルです。

ページの終端です。ページの先頭に戻る