ページの先頭です。メニューを読み飛ばして本文を読む

メインメニュー終わり
TOP  >  ガラスの歴史と、大阪
ガラスの歴史と、大阪

ガラスの歴史と、大阪

江戸時代、清国から世界でもっとも古い色被せがラス「乾隆ガラス」が、長崎に伝わりました。
長崎のガラス商人播磨屋久兵衛が大阪に呼ばれて天馬宮界隈で製作を介ししたのが始まりと言われています。

今も、天満宮には、「ガラス発祥の地」の碑が残っています。
そして江戸にわたり「江戸切子」、江戸から島津斉彬により薩摩の興産の為製作したのが「薩摩切子」。
大阪切子は、蚕業としてのガラスの発展の陰にかくれ伝えられ、続いてきた大阪の技術です。

大阪の切子は、今は、技術を持つ職人も2〜3人と聞いています。
長く伝えられた技術も、風前の灯火となってしまいました。

ページの終端です。ページの先頭に戻る