ページの先頭です。メニューを読み飛ばして本文を読む

メインメニュー終わり
TOP  >  京焼・清水焼ができるまで
京焼・清水焼ができるまで

京焼・清水焼ができるまで

清水焼ができるまで
こんなにたくさんの工程があるの?

たくさんの工程を経てできあがる京焼・清水焼。
その手仕事に触れて下さい。

1.成型
ろくろ成型
回転する円盤の中心に土のかたまりを乗せ、遠心力の利用によって成形する方法で、高度な技術が必要。手ろくろ、蹴ろくろ、機械ろくろなどがある。
ひねり成型
ろくろを使わず、指先と竹ベラを用いて粘土を捻りながら成形する最も単純な方法。
鋳込成型
杯土に多量の水と水ガラス(珪酸ソーダ)を混ぜ、泥状にしたものを、石膏型に流し込む方法で、同型のものを多数成形できる。

▼陶器(土もの)の工程▼


2.乾燥

3.けずり仕上げ
生地が半乾きになった時、金属製のヘラで削り、全体の形を整える。

▼陶器(土もの)の工程▼


4.仕上乾燥
完全に成形されたものを、水刷毛その他の仕上げ道具で美しく仕上げ、天日乾燥する。

5.素焼
絵付や施釉に必要な強さにするため、600から800度内外の低火度で素焼する。

▼磁器(石もの)の工程▼


6.下絵付
呉須、酸化鉄などの金属及び顔料を毛筆を使って手描きする。

下の写真の青い絵の部分が呉須、口の茶色い部分が鉄です。
クリックで詳細をご覧頂けます。

▼陶器(土もの)の工程▼


7.釉かけ(施釉)
うわぐすり(透明釉、色釉、つやけし釉等)をかける。

8.本焼
釉かけしたものを窯づめし、1200から1300度の高温度で焼上げる。昔は登窯を使用したが、現在はほとんど、ガス窯、電気窯を使う。

▼陶器(土もの)の工程▼


▼磁器(石もの)の工程▼


9.上絵付
コバルト、鉄、銅などの酸化物による金属顔料で彩色する。

▼陶器(土もの)の工程▼


▼磁器(石もの)の工程▼


10.上絵焼成
上絵付けをした絵具の発色光沢を出し、また容易に剥脱しないように600から800度の低火度で焼付ける。

11.完成

▼陶器(土もの)の工程▼


▼磁器(石もの)の工程▼



ページの終端です。ページの先頭に戻る